ヘタレの生息日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢の共演(笑)。

<<   作成日時 : 2006/04/12 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ある意味「夢の共演」です。


>鋼の錬金術師PREMIUM COLLECTION……の特典
エドとアル・夢の共演


エドバージョンを桜月さんに送って頂きました!(有り難うございました)
ブログへの掲載も快くOKして頂いたので、エドとアル・夢の共演(笑)です。
で、このエドとアル、多分本当のサイズは同じくらい(袋の外からでは区別が付かないようにしないとランダムの意味ないし)なんでしょうけど……。
こう、上手い具合にエドとアルの大きさの対比が出来てて素晴らしいですね。
本物と同じくらいエドの方がかなりちっこく見え……げふげふっ!
い、いえ、なんでもないですよー。ふふふふ。

>荒川弘作品同盟
「何か忘れてる気が」と書きましたが、ホントにいろいろ忘れてました(をい)。
いや、うん。そこまで完璧に完成させてから公開とか言ってたらいつになるか分からないのでもう正式公開しようかなと。
荒川弘作品同盟
……バナーが渋いというよりダサ……っ(涙)。
うぅ、オイラにセンスなんて求めたらいかんのだよ……。
あー、ちなみになんで白と黒(一部赤)しか作らなかったかというと。
牛カラーだから(笑)。
あ、でも熊本の阿蘇にいた牛は茶色いなー。……まぁ、そこのところは気にせずに。
まだ(工事中)のところが多いんですが……そこらへんはぼちぼち埋めていきます。
(基本的にあの細かい部分は自分の為なので(苦笑)。)
入口のカウンタとか正式公開時にリセットしようと思ってたんですが、面倒なんでもういいやー、とか。
(だってホントに面倒なんだってば……)


>まだ読んでない本+新しく買った本
前にもブログで「買いました」と書いた本でまだ読んでない本があるのに、また新しく本を買ってくる馬鹿者です。
部屋の本を片づけるよりも本を買ってくる方が多いので増える一方です。ふふふ。
え? 困ってませんよ? むしろ嬉しくて顔が緩みます。
(ただ、ちょっと怖いのは床が抜けるんじゃないかってことかのぅ)
新旧まぜこぜ。


左から7冊はコバルトの「伯爵と妖精シリーズ」。
まだ読んでないのに新刊出ちゃった……。
その右隣が「フリューリングスハウフのおもちゃ箱」と「聖獣王の花嫁」。
この二つは新シリーズらしいですよ。(らしい、ってあんた……)
倉世春さんの作品は実は読んだことない(笑)。
でも面白そうだし、新シリーズ1作目だし、と思って購入決定。<相変わらずジャケ買いする人
高遠砂夜さんのはレヴィローズシリーズしか読んだことないのですが、イラストが起家さんだったので購入(をい)。
実は起家さんのイラスト大好きなのです。(一番最初に見たのはBL小説だったけどね(笑))
コバルト系の小説を沢山買ってるように見えますが、単にそのジャンルだと確実に弟と被らずに買えるから。
角川スニーカー文庫も、富士見ファンタジア文庫も、電撃文庫も、下手するとダッシュ文庫とかまで被るし。
(一番被りやすいのは富士見ファンタジアと電撃かな。文庫だけじゃなくて新書系の小説でも被るから侮れません(−_ー;)
ここまで小説。あとはマンガ+α。
たそがれのにわ」1・2巻。
実は1巻買ってなかったんですよ(苦笑)。
いや、雑誌で読んでたんでどうしようかなー……と。
プラネット・ガーディアンと比べるとかなりシリアス展開でしたものね。
しかし2巻完結なら、ってことでまとめて購入しました。
(これはもう読んでしまったので今度2巻分まとめて感想書きます)
デーモン聖典」8巻。
もう8巻なのか〜。と思いつつ購入。
(でも内容は殆ど雑誌で立ち読みしていたので知っていた(苦笑))
コード・エイジアーカイヴズ」1〜3巻。
これがどこ探してもなくてね……!(涙)
ようやく売ってる本屋を探し当てました……。
実は最終回あたりのみ読み損ねたので(苦笑)今から楽しみです。
たまごのきみ。」2巻。
「天のおとしもの」と違ってロリではないのが残念ですが(?)こっちはこっちで好きです(笑)。
獣王星
1巻読む前に2巻が出ました。
……しかし実は1巻は読んだことがあるんですよ。
完全版じゃなくて大きいサイズのときに友達が買っていたので1巻借りたのです。
でも学校卒業して本を借りる機会がなくなって続きを読んでません(笑)。
今度は3巻が出る前に1〜2巻を読まねば……。
ARIA the ANIMATIONパーフェクトガイドブック
まだ巻末の書き下ろしマンガしか読んでません。(ドラマCDも聞いてない)
嵐雪記」5巻。
正直、出ると思ってませんでした(笑)。
だって、あすかコミックス版の1巻が出てからどのくらいたったと思うのよー。
ゼロサムで連載してるって知ってめっさ驚きましたよ……。
(新装版の1〜4巻は買ってませんが、表紙を見るたびに悩む……)
アニメイトで5巻を買ったらオマケペーパー付いてました。
そうか、この世界にケーサツはいないのか……。

あと、写真には写ってませんが「桜蘭高校ホスト部」8巻とか「侵食KISS」2巻とか。
つか「侵食KISS」の2巻、あんまり出ないから出ないのかと……(苦笑)。
(このまま出なかったら1巻売ろうかと思ってました)

>買おうかどうしようか悩む本
「うえきの法則」。
いや、アニメ見てて植木×森に萌え(笑)。
原作はどうなのかなー、と気になってきたので買おうかどうしようか悩み中。
アニメと同じなのかしら、違うのかしら、とか。
続編のプラスとかあるんだよね? とか。
ていうかその前に「うえき」って何巻?<調べろよ
それより何よりアニメの植木がお気に入りなのは多分。
植木の声が朴さんだから。
……というのはかなり絶大な効果だったと思う(笑)。
エドの声だから、じゃなくて朴さんの声だからですよ。
あー、どうすっかなー。買うかなー。うーん。
(悩んでるけど結局買ってしまいそうな気がします……)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。初めまして。
え〜と…うえき買うか迷っているそうなのでちょっとコメントを…(すいません)。
うえきの法則は全16巻で、プラスは2巻で止まってます(休載中で)。
アニメと漫画の内容は全く一緒ですよ。むしろ漫画の内容を省いている部分があるくらいです(面白いネタに限って)。絵は1巻から16巻にかけてか〜なり変わります。
プラスの方も面白いですよ。
え〜と、余計なお世話だったらすいません。では、失礼します!
浅月
2006/04/15 19:01
こんばんは! コメント有り難うございます。
返事が遅くてすみません(汗)
ちょーっと、風邪ひいてダウンしてます(^^;
(熱が38度5分いったので熱冷ましに頼りました)
うえきの法則って16巻なんですね〜。意外に少ない?
20巻越えてるかと思ってました。そっかー。
古本屋で買うとして、1冊300円×16冊=4,800円。
をを、5,000円いかないじゃん。
というわけで買います〜(笑)。プラスはまだ2巻なんですね。
じゃあ、そっちは普通に書店で買いましょうかね。
余計なんてことないですよ〜。ホントに有り難うございました!
瑞城 遼(管理人)
URL
2006/04/16 21:55
初めまして!
自分のブログでは小説や漫画と離れたことを書いていますが、伯爵と妖精大好きです♪
同じ趣味の方とお話がしたくてコメントさせていただきました!
7冊目は、涙の理由・・かな??面白かったですよ〜。
倉世春さんのは、「鏡のお城のミミ」シリーズだけ読んだことありますが、もう終わり近いというのに新シリーズになっちゃってショックでした(>へ<)
なにかお勧めがあったら教えてください♪
のんのん
2006/04/30 21:42
はじめまして!
伯爵と妖精シリーズは先日ようやく3巻まで読み終えました。ホントに、このシリーズすごく面白いです(笑)。
「鏡のお城のミミ」シリーズ、終わってなかったんですか?(汗)
終わったから新シリーズになったんだと思ってました。そうですか〜。(「フリューリングスハウフのおもちゃ箱」はまだ読んでないです)
お薦めは……コバルトなら前田珠子さんですかね。全シリーズ持ってるわけじゃないんですけど(^^;続きを待ってるのは「破妖の剣」。なかなか続きが出ません(苦笑)。
コバルト以外なら冴木忍さんの作品が好きですね。角川スニーカー文庫の「空みて歩こう」がお薦め。他は森岡浩之さんの「月と炎の戦記」も面白かったです。続編の「月と闇の戦記」シリーズがあります。
講談社ホワイトハートで流星香さんの「プラパ・ゼータ」シリーズ。古いし、シリーズが多いんで大変ですけど(^^;
電撃文庫なら「ブギー・ポップ」シリーズとか。
富士見ファンタジア文庫なら、最近買ったのは「戒書封殺記」シリーズの2巻ですね。
Amazonのレビューとか参考にして、気になるものがあったら読んでみて下さい(^^)
瑞城 遼(管理人)
URL
2006/05/01 22:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

画材・コミック用品ストア
画材・コミック用品ストア

夢の共演(笑)。 ヘタレの生息日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる