ヘタレの生息日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画ブレイブストーリーを見てきました。

<<   作成日時 : 2006/07/10 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

作品のネタバレ及び原作との比較なんてのもやってるので、まだ見てない人やこれから見る人は見ないで下さいねー。
ネタバレどんとこーい、な人はどうぞ(笑)。


まずは映画全体の感想。
とりあえず悪くはなかった。
映像は綺麗でしたし、声に関しては私はもともと寛大ですからして(笑)。
でもそんなに違和感なかった気がしますよ?
原作を知っていると、ストーリーがちょっと軽い気がしなくもない。
そりゃー原作はあの厚さだし、2時間にまとめるなら重要な部分を残して削るしかないもんね。
その辺りも予想通り。
だからいっそのこと原作は読まずに映画見た方が楽しめるかもしれませんね。
んで映画見てから原作読むんよ。
じゃないと映画は原作のシビアさがないので全体的に軽い気分になるんだろうと思う。
あ、でも映画しか知らない人は原作のシビアさに凹むかも。
つか、原作の方がどうしたって深みがあるというか(量が多いからね)。
映画に出てこないキャラもいろいろ出てくるし……。

そうそう、映画には出てこないキャラ(というか出すとストーリーが膨らんでまとまらないので出せなかったキャラ)がちらほら。
まずはヒロイン(のはず)のカオリちゃん。
幽霊ビルの所有者・大松社長さんの娘さん。
彼女が出てこないので、映画ではミツルがその役目も負ってる感じがしました。
(それに関してはまた後で書くとして)
あとワタルのおじさん、とお婆ちゃん。
それからワタルのお父さんが家を出て行く原因(?)になる女性。
ミツルのおばさん、ワタルの同級生で塾で一緒の……あ、ゴメン名前忘れた(汗)。
とにかく、この現実世界で出てくるはずのキャラが圧倒的に少ないので、現実世界での話も結構短い。
原作だと最初のうちは現実と幻界を行き来するんですが、その辺取っ払ってますしね。
まぁ、その辺じっくりやってたら2時間じゃ終わらないでしょうけど(笑)。

幻界でも出てこなかったキャラがちらほら。
昔カッツさんと恋仲だったロンメル隊長。
原作だと美形さんだって話だったからちょっと期待してたのにー。ちぇー(笑)。
(イヤ、ホントに残念です、はい)
まぁ、彼が出てくるとなると「ハルネラ」の話も混ぜなくてはならなくなるでしょうし、そうなると2時間じゃ(以下略)。
嘆きの沼の話も省略されてましたね。
あの話が原作中で一番、凹むというかシビアな話だしね。
その代わりになってるのが多分、トリアンカ魔病院での幻覚なんだろうけど。
アレだとちょっと弱いんだよね〜(^^;
あとは「ハルネラ」がなくなったので出てこないキャラ多数。
星を見る必要性がないのでアノあたりのキャラがごっそり……。
デラルベシもいろいろ複雑なのでちょろっと出ただけで流されましたね。

設定も大分変わってる、というか仕方なく出せなかった(のだろう)設定もちらほら。
まずは幻界の設定。
原作だと「旅人の心」ってコトで、旅人によって世界が変わるって設定だったんですよね。
(ワタルとミツルは友達だったんで時々すれ違ったりする、という設定でした)
映画だと本当に「別の世界」という設定のようですね。
まぁ、その方が説明しやすくて良いかもしれません。
それとさっきも書いた「ハルネラ」。
二人の旅人のうちの一人と、幻界から選ばれた一人が世界を支える……という設定でしたが。
(原作だとミツルとロンメルさん)
これを映画でやろうとすると……無理。絶対、2時間じゃ無理。……と思った。
あとは鏡。
全く出てこないから、ラストの願いはどうするのかと気になっておりました。

とにかく2時間の映画に収めようってのが無謀よねー、というのは多分原作読んだことのある人なら思うでしょう。
実際、パンフレットを読むと「三部作」とか考えたらしいですしね。
でも初めての試み(映画制作)だったのでそういう冒険は出来なかった模様。
原作者の宮部さんもテレビアニメがいいなぁ、とか考えていらっしゃったようですね。
まぁ、アノ長さを考えたら納得というか、そりゃそーだ、ってなもんですね。
だから原作で一番メインのテーマ「願いのためなら何をしても良いのか?」と、本当に削れない部分(キャラや設定)を残して、うまく設定を練り直してるなぁ、と思いました。
全体的にストーリーが軽くなったとは言いましたが、あれは原作が重すぎるだけという気も(笑)。

さて、カオリちゃんがでてこなくてミツルがその代わりみたい、という話。
いろいろ設定変わったんで、必ずしもそれだけじゃないとは思うんですが。
原作だといろいろヘビィな試練をくぐり抜け、ワタルは心をなくしていたカオリちゃんの、幻界に捕らわれていた心を解放したりしてるんですよね。
願いを叶える女神も、カオリちゃんの姿を借りてワタルの前に出てくるんですが、映画では姿なし。
辛うじてオンバ様の美少女姿がカオリちゃんかなぁ、というとことでしょうか。
とりあえず原作では友達であるミツルを幻界で亡くし、変えたいと思っていた運命は全く変わらず(お父さんは出て行ったままだし)それでもお母さんと頑張ろうとするワタルが、最後に心を取り戻したカオリちゃんと再会するんですよね。
そこでなんだか救われたような気持ちになるわけですが。
映画だとそのカオリちゃんがいませんので、どうなるのかしらと思ってましたら……。
ラストでミツルらしき少年と、妹が出てきて……つまり原作のラストでカオリちゃんと再会する場面が、そのままミツルにすり替わってるのかしらー、と。
ワタルの願いも少し変えてありましたしね。
「幻界を救って」ではなくて「仲間たちとこの世界に未来を下さい」だったし。
この「仲間」にミツルも入ってて、だからあのラストに繋がるのかな、とか。
「仲間」に未来を下さい、つまり「ミツルにも未来を下さい」という解釈で良いのかしらね。

そうそう、カッツさんは映画では怪我しただけで命は落としませんでしたね。
カッツ姉さん好きなので、その点は素直に良かったと。
その代わり、カッツ姉さんの葬儀(というか祈りの言葉)がなかったですね。
あの祈りの言葉、良い言葉だったんで映画でも聞きたかったかも。
しかしそうなるとミツルとは本当に永遠のお別れになっちゃうので、やっぱりダメか(笑)。

全体的に言うとですね。
よくあれを2時間にまとめて再構築出来たなぁ、と拍手をしたい気分です。
人によっては酷評するかな、とも思うんですが、私としてはこれだけ出来れば良いんじゃないかねと思う。
これだけ頑張って出来た作品を、私は流石に叩けないよ(苦笑)。

あ、パンフレット読んでたらですね。
なんと原作「ブレイブストーリー」の続編が出るかもー、というコメントが。
うわほー。アレからどんな続きがでるのさ、という心配が先に立ちましたが(をい)。
いや、だって映画だったらミツルが戻ってきてるしね。
良い感じで続きが作れそうなんですけど……。
それともワタル以外の誰かが主人公?
あ、ワタルのいなくなった幻界になにかあって、ワタルが呼び戻されるとか?
「ハルネラ」で世界を支えてるミツルが戻ってきたりとかするんでしょうか。
……いや、あの原作の展開でそれはないか。

あとね、劇場版のノベライズとか読みたいかも。
原作とはまた違う展開・設定のあの話を活字でも読みたい。
ええ、本の虫と呼ばれようと気にしないさ!
手元に本として置いておけばいつだって読めるじゃんよー!
という感じです。でも多分DVDも買う(笑)。

さて、なんやかやとこちゃこちゃ書き殴ってみましたが。
実際のトコ、感想なんて千差万別、人によって受け取り方は違うわけで。
ココでこんなに誉めて(?)るからって万人に受けるかというとそうでもない。
逆にいろんなとこで貶されていたとしても、人によっては面白いかもしれない。
他人の感想は参考程度、本当の感想は自分の目で見て、耳で聞いて、体感してからの物だと思うのですよ。
だから見に行こうかどうしようか悩んでる人は見に行きましょう。
DVDでもいいよー、と思ってる人もいるかもしれませんが、映画館で見ると迫力違うので良かったら映画館で。
まぁ、でも金払って損したー、という気分になるのがイヤな方は安い日に。
女性なら水曜日、男性なら……映画の日(毎月1日)とか。
それでも損したー、と思ったなら……諦めて(笑)。
まぁ、人生たまには損した方が得した時に幸せ倍増よ? ……多分ね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも〜こんばんは〜。王子と申します播(≧▽≦*)

俺も昨日ブレイブストーリーを鑑賞してきました〜。
うーん…正直言うと微妙でしたけど、
でも、中々ストーリーが良かったと思いました。
小説の方は読んだ事ありませんからちょいと詳しくは分かりませんけど、
確か…。上、中、下まであると聞きましたねぇ〜。結構長いですよね。
それを2時間で収まるといったら…それはちょっと無理に近いですよね^^;
旅中のところがちょっと長かったですねぇ。

でもまぁ、最後の現代に戻ってきてみつると会った所が、うるって来ましたw

ではでは〜長文失礼しました><
王子
2006/07/10 13:44
こんばんは(^^)
コメント有り難うございます〜。
そうですね、原作本は最近単行本が全3巻(角川スニーカーなら4巻)で出ましたね。
私は分厚いハードカバーの「愛蔵版」を読んだのですが……文庫にしてしまうと3冊しかないのか、と実は結構ショックだったりしたのですけど(笑)。
なんかもっと長い気がしてたんですけど、そうでもないみたいで。
旅の途中、長かったですか? 原作読んでるとアレ、すごく短いというかジェットコースターみたいでしたよ(笑)。
良かったら原作も読んでみて下さいね〜。
瑞城 遼
URL
2006/07/11 01:07
ふむふむ・・・。そうなんですか〜o( ̄ー ̄;)ゞ

今度原作読んでみようと思います♪
ジェットコースター並に短かった!?そんな短く感じたのか…w
原作読んだ人はそう感じるのでしょうねぇ…きっと。

ではでは〜^^
王子
2006/07/11 19:46
みたいんだよねぇ・・・・
ぴお
2006/07/22 10:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

画材・コミック用品ストア
画材・コミック用品ストア

映画ブレイブストーリーを見てきました。 ヘタレの生息日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる