ヘタレの生息日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇場版「天元突破グレンラガン 紅蓮編」見てきました。

<<   作成日時 : 2008/09/08 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まだ見てない人はネタバレ注意。
しかしまだ見てない人に一言だけ。
テレビシリーズ全部見たから見に行かなくていいやー、とか思ってんなら勿体ないから劇場行って見てこい!
以上(笑)。

劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮編(公式サイト)
いやー、前半は一部新作もあるけど結局テレビシリーズ総集編っぽい劇場版なのかなー、なんて思いましたよ。
あははは。
後半は良い意味で裏切られました。有り難う!

冒頭は新作。
ロージェノムの戦いと絶望。
そしてテレビシリーズの展開へと繋がっていくのが良いですね。
1,000年前のロージェノムの戦いは実際に描かれるのは確か初めてですよね。
(テレビシリーズでいろいろ語られた気はしますが)

あれをシモンはこれから辿るんだなー、と思うと感慨深い物が。
ただ絶望を知った後の選択はロージェノムと真逆ですが。
ロージェノムが絶望を知って先へ進むのをやめたのに対して、シモンは絶望を知った上で先に進むことを選択した、と。
ま、それは次の螺厳編の話。
紅蓮編はシモンがアニキの死を乗り越えるところまでですね。
テッペリン攻略まで行くのかなー、と思ってたんですが。
パンフレットによると、シモンとカミナに焦点を絞ったとのこと。なるほど。

序盤はテレビシリーズの再編集っぽい展開なんですよね。
オープニング画像とかも入ってた気がする。
カミナのお父さんの話とかはさくっと削除されてましたし、キタン達の登場シーンとか温泉ネタとかさくさく進んで行って、「あー、やっぱりこういう展開なのかなー」とちょっぴり寂しい気分だったのですが。

ですがっ。

カミナのアニキが亡くなるあたりは、展開を知っていても泣きそうに。
しかもそこだけはじっくりやってくれるもんだから……
カミナが死ぬまでは画面に沢山色が付いてるんですよね。
でも死んだ後は殆ど灰色。
そして色が付くのはニアが登場してから。
改めて続けて見るとシモンの気持ちに連動してるみたいで分かりやすいなぁ。

ニア登場以降はテレビシリーズの展開を元に、ほぼ新作。
大筋及び作品の熱さやらなんやらは殆ど変わらず、というか凝縮した分より熱いかもしれんくらいですね。
アディーネを止めるニア、棄てられたことを知るニア、そして囚われたニアを助けに行くシモン。
ニアが髪を切るネタは無くなりましたが、アディーネ対ヨーコの肉弾戦が追加されてて良い。
ヨーコのアレが取れるところはテレビシリーズじゃ出来ませんね(笑)。

完全新作のヴィラル用戦艦とか(エンキドゥに似せてるところがすごい)。
みんなで合体してドテンカイザンとか出てきた時には「こう来たかー!」と思わず笑いました。
いやはや。
この展開は読めなかったわ(笑)。
特に前半部分がほぼテレビシリーズを踏襲してたから余計にね。

うん。
テレビシリーズを見たから劇場版は行かなくていいかな、とか思ってるなら勿体ないよ!!
折角なら劇場に行って見てくれよ!!
……と思いました。

あと、紅蓮編2回見に行くとポストカードくれるらしい。
さらに螺厳編も見に行くと何かくれるらしい?
スタンプカードもらいましたよ。
というわけで、上映期間が終わる前にもう1回紅蓮編見に行くこと決定(笑)。
前売りチケットは1枚弟に渡してしまったので、普通にお金払って見に行くか。
(それだけの価値はあると思うよ)
さて、今度は展開を知ってるのでもっとじっくり見るぞー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

画材・コミック用品ストア
画材・コミック用品ストア

劇場版「天元突破グレンラガン 紅蓮編」見てきました。 ヘタレの生息日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる