ヘタレの生息日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鋼の錬金術師FA 第3話「邪教の街」その1

<<   作成日時 : 2009/05/01 20:24   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今更感たっぷりの画像付感想。
うっかり原作ネタバレなんかも含むので注意。

画像

さて、前回画像多すぎて2回に分けないと入らなかったので、今回から画像は少なめ(もしくは複数の画像を1つにまとめる)で行こうかと。
あと、セリフは太字にした方が見やすいことに気付いた。<遅

……そういえば第2話の画像を見直してて思ったんだが。
久しぶりの錬成をした後、アルに「すごい」と言われているエド。
そのエドの右腕……肌色になってない?
>証拠画像
画像

ね、肘から上の部分までオートメイルのハズなんだが(笑)。
DVDとかBDでは修正されると思うんだが。
あ、もちろんBD1巻は予約しましたよー。
つか「盲目の錬金術師」が特典で収録されるとは!


それはともかく、第3話は前シリーズの第1話+第2話、リオールでのお話。

ラジオから「この地上に生きる神の子達よ、祈り信じよ、されば救われん」という宗教放送(だよね)が。
そして店のおっちゃんに「あんたら……大道芸人か何かかい?」と聞かれてジュースを吹くエド。気分を害した為か、食事とジュースが残ってるにもかかわらず席を立つ。
……で、そこ見て思わず。
画像

身長差がすごいんですけど……!(笑)
思わず比較しちゃったじゃないか……。

で、一緒にアルも立ち上がったら看板にぶつかってラジオ落下→破損。
画像

おっちゃん「あー! おい、ちょっとお客さん……!」
エド「あー、悪ぃ悪ぃ。直すから」
おっちゃん「直すから、って……」
エド「まぁ、見てな」


アルの「兄さん、ボクがやるよ」ってセリフがなかったね。<でも気にしない

画像

アル「そんじゃ、いきまーす」

画像

ラジオは無事に直りました。
いつも不思議なんだけど、これどうやってるのかなー。
部品が外れただけなら組み立てればいいわけで、錬金術使う必要もないというか……。
でも部品そのものが壊れた場合は錬金術のがいいよな。

エド「これで良いかな?」

自分でやったわけでもないのに得意そうなエドが笑えます。

でも街の人から見たら錬金術は、レト教の奇跡の業に見えるらしい。

「錬金術ってやつ、初めて見たぜ〜」

と、いうことは……錬金術ってそんなに普及してるわけでもないのかね。
国家錬金術師はともかく、普通の錬金術師はその辺にゴロゴロいるのかと思ってた。
それともリオールが田舎だからなかなか見かけないだけなのか……。

画像


エド「エルリック兄弟って聞いたことね?」
おっちゃん「エルリック?」
街人A「ああ、聞いたことある」
街人B「鋼の錬金術師、エドワード・エルリック!」


あら意外。
「軍の狗」って毛嫌いされることが多いのに、なんか人気者。
……というか、錬金術師自体が珍しいから、もしかしてTVに出てる芸能人が田舎に来た! みたいなノリなのかね。

画像


アル「あ、あの〜、ボクじゃなくて……」
街人「え、あっちのちっこいの?」
エド「誰が豆粒ドちびかー!」


うん、お約束。

一暴れしてちょっと怒りのおさまったエドは、街の人からレト教について聞く。

街人A「生きる者には永遠を、死せる者には復活を与えてくださる」
街人B「その証拠が『奇跡の業』さ!」
エド「死せる者に復活を、ね……。うさんくせぇな」


新手の怪しい新興宗教っぽいよね(笑)。

で、エドとアルはコーネロ教主を見に行くんですが……。
画像

なんと、花を石で出来たモニュメントに変換。
……実は、エドよりセンスいいじゃん、とか思ってしまったのは秘密。

画像


エド「あれかぁ……どう思う?」
アル「どうもこうも、あの変成反応は錬金術でしょ」
エド「でも等価交換無視してんぞ。質量1のものからは質量1のものしか出来ないのは原則だろ」
アル「植物を鉱物に変えてるしね。……兄さん、ひょっとして」
エド「ああ、ひょっとすると……ビンゴだぜ」


レト教の協会へ行くと、一人の少女が祈りを捧げていました。
今回は肌の色が普通ですね。前シリーズではイシュヴァール人の血を引いてるって設定が確かあったので、肌の色がちょっと黒かったのよね。
っつーか、今回は食べ物屋じゃなくて教会で初めて会うのか、ロゼに。

ロゼ「神様、私の願いをお聞き届け下さい。あの人を……」
エド「へぇー、こいつがレトさんか」
ロゼ「レト教に興味がおありですか?」
エド「いや、あいにくと無宗教でね」
ロゼ「いけませんね、それは。神を信じ、敬い、感謝と希望に生きる……なんとすばらしいことでしょう」


んー、否定はしないよ、宗教を。
ただ、宗教は心のよりどころであって奇跡をガンガン起こせる様なもんじゃないと思うんだよね。
あと、神様にはお願いするんじゃなくて、自分の決意というか思いを報告して、終わるまで見守ってもらう→終わったら報告+感謝、だと思うんだが。
願えば何でも叶うとか、そんなアホなと思ってしまう。

画像


ロゼ「信ずれば……きっとあなたの身長も伸びますよ!」
エド「んだよ、コラァ!」
アル「悪気はないんだから〜」


悪気はなくても、気にしてることを言ってはいけない(笑)。

画像


エド「死せる者に復活を。本気で信じているのか?」
ロゼ「ええ」


んー……ロゼの場合、信じてると言うよりは縋ってる感じがするけどね。

画像

画像


エド「水35リットル、炭素20kg、アンモニア4リットル、石灰1.5kg、リン800g、塩分250g、硝石100g、その他諸々」
ロゼ「は?」
エド「大人一人分として計算した場合の人体構成成分だ。今の科学ではここまで分かってるのに、実際に人体錬成に成功した例は報告されていない。科学でも出来ないことが祈ったら出来るのかよ!」
ロゼ「祈り信じよ、されば汝が願い成就せり」


んー、祈って信じるだけで叶うなら楽だよね。
でも無理でしょー、常識的に考えて。信じたい気持ちはわからんでもないが。
成分材料は市場で買えるそうな。
……市場で売ってる? ……どこで売ってるの、炭素とかアンモニアとか……。

画像


ロゼ「人は物じゃありません。そんな言葉、創造主への冒涜です。天罰が下りますよ」
エド「錬金術師ってのは科学者だからな。創造主とか神様は信じちゃいないのさ。この世の創造原理を解き明かし、真理を追い求める。神を必要としていない俺たち科学者が、ある意味神に一番近いところにいるってのは皮肉なもんだ」
ロゼ「ご自分が神と同列とでも? 傲慢ですね」
エド「傲慢ねぇ……。そういやどっかの神話にあったっけな。太陽に近づきすぎた英雄はロウで固めた翼をもがれ、地に落とされる……ってな」


「イカロス」ですね。歌の方が良く覚えてるけど。
そういえばハガレン世界って微妙にこの世界と同じ物が混じってますよね。
錬金術が発達してる時点で別世界ですけど。

画像


エド「お嬢さん、今みたいなことを考えてた科学者でもレト様はお救い下さるでしょうか」
ロゼ「もちろんですわ! 改心はいつでも受け入れられますよ」


こういう言葉で簡単に信じるあたりは田舎のお嬢さんってことかなー(^^;
もうちょっと疑おうよ、ロゼ。
どう考えても利用されようとしてるじゃないか、気付けよー。

画像


副教主「教主、面会を求める者が来ております。子供と鎧を着た二人組で、えるりっく兄弟と名乗っておりますが……」
教主「私は忙しい。帰ってもらえ。……いや待て、エルリック兄弟だと?」
副教主「はぁ、そう名乗っておりましたが……」
教主「まずいことになった。鋼の錬金術師、エドワード・エルリックだ」
副教主「あの鎧男が……!」
教主「ああ、おそらくな」


違うから(笑)。
お約束とはいえ、やっぱり一般的にはそっちが国家錬金術師にしか見えないんだなー……。
銘が「鋼」ってのもポイントだよね。
もしも銘が「ちびっこ」とか「ミニマム」とかだったら絶対間違われないよ。
……エドは嫌がるだろうけど。

そしてどんどん勘違いをしていく教主さん達。
エドたちを、実は彼らが隠れてこそこそ進めていた計画をかぎつけられたと思い込み。
後ろ暗いことしてるから、そーゆー発想になるのよねー。
んで、こっそり殺っちゃえ、と。<短絡思考だなー

画像


協会内の一室(もうすでに窓もないような怪しい部屋なんですけど)に通されるエド・アル・ロゼ。
というか、原作だと振り向きざまに撃ってたよね。
そんでもってアルの頭が落っこちて、みんなに中身が空だってバレて……。

画像


だからここのシーンも、アルの頭を投げるんじゃなくて、落っこちてた相手の杖(なんて呼ぶのか知らない)を投げてますね。
やっぱりアルの頭を投げるのはマズかったのかな(笑)。

そしておもむろにコーネロ教主登場。
一応エド達に謝ってるんだけど、思いっきり上から目線だし。

画像


でもって目の前で等価交換の法則を無視した錬成。
指輪の赤い石が賢者の石と目星をつけ、力づくでも奪おうとするエド。
教主はロゼに足下の銃を拾え、と。

画像


教主「それで鋼の錬金術師を撃つのだ」
ロゼ「そんな……出来ません……」
教主「私の言葉は神の御言葉。これは神の御意志なのだ。ロゼ、撃ちなさい」


おー、悪い人の顔(笑)。もうすでに本性出てるよね。
流石にロゼも人を殺せとか言われて躊躇ってるんですがー。

教主「どうしたんだね? 去年恋人を事故で亡くし、失意のどん底にいたのを救ったのは誰だ?」
ロゼ「……コーネロ様です」
教主「そうだ、私がお前を救ってやった。そして何を約束した?」
ロゼ「あの人を生き返らせてくれると!」


結局口約束じゃん。
……とか思ったんだよねー。
他にも同じような手で引き込んだ人がいるんだろうけど、さて、そのうちの何人が約束を果たしてもらったのやら。

画像

で、拳銃を向けるんですが……。
……うん、ロゼもアルの方が鋼の錬金術師だと思っていた、と。

画像

ロゼ「ごめんね、私にはこうするしかないの」
エド「あいつはペテン師だぞ!」
ロゼ「違う! コーネロ様は『奇跡の業』であの人を蘇らせてくれるわ!」
エド「じゃあ撃てよ」


……と、言われてもねぇ。
「こうするしかない」と言いつつ、そんな簡単に人を殺せませんって。
でもタイミング良く(?)なにかの咆吼が聞こえてきて、うっかり撃ってしまうロゼ。

画像

弾はアルに命中。
ふむふむ。副教主が撃つんじゃなくて、ロゼが撃つことになったのか。
でもってこのことが最後のシーンに繋がるのね。
画像

はずみでうっかり撃っちゃったロゼは悲鳴をあげますが、教主は「もう一人も殺せ」と。
画像

アル「信者にひどいことさせるなぁ」

ひょいっと起きあがったアルに、教主もロゼもビックリ。

画像


ロゼ「どうなってるの!?」
エド「どうもこうも……」
アル「こういうことで」


画像

で、空っぽの鎧が動いてるのが邪悪な証拠だー! といいつつレバーを動かす教主。
画像

で、出てきたのが合成獣(キメラ)。
……こっちのほうがよっぽど邪悪そうじゃないか!(笑)

画像

丸腰じゃきつそうだ、と槍を錬成するエド。
第1話も同じような槍を錬成してましたね。
合成獣(エド曰く、猫野郎)が槍を切り裂くものの、エドの左足はオートメイルなので傷一つ無く。
もちろんその後かみついた右腕も同じく。
……石は切り裂けるけど、オートメイルに使われてる合金は切り裂けない、と?
でも「どうだ! 鉄を切断する爪の味は!」って言ってたよね。
んー、鉄よりも強化した合金だから切り裂けないのか。……弱っ。
つーか、鉄って加工しやすい比較的柔らかい金属じゃなかったか?

ふぉ!? また文字数足りないって……! うぅ、その2に続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

画材・コミック用品ストア
画材・コミック用品ストア

鋼の錬金術師FA 第3話「邪教の街」その1 ヘタレの生息日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる