ヘタレの生息日記。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鋼の錬金術師FA 第2話「はじまりの日」その2

<<   作成日時 : 2009/04/30 20:08   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

では第2話後半行ってみましょう。

ここで一旦、現在へ。
ていうかまだセントラルにいたんですね、大佐。
画像

画像

あー……ここの会話、しゃれになってないんですけど。

ヒューズ「次に来る時は准将ぐらいになっとけよ、大佐!」

……うわぁぁ……(涙)。
このセリフがこの先、あのシーンに繋がるかと思うと……。

ヒューズ中佐が大佐に氷結の錬金術師アイザックの最終報告書を渡す。
……と、ここで「シン国の錬丹術」って……をを、やっぱり今回はシン国のキャラ登場するのねー。

ヒューズさんはどうしてエドを国家錬金術師にしたのか、と質問。
先日家に泊めた時も気にしてましたからねー。
でもどうやら何も答えなかった模様。そりゃ答えられないだろうけど。

そのまま4値年前の回想へ。
画像

エルリック家に残された錬成陣を見て、何かとんでもないことがあったと気付いた大佐。
あ、いやこのときはまだ中佐だわ。
それはともかく。
あれですね、大佐の師匠の話とかを読んだ後だといろいろと考えてしまうのですが。

画像

画像

で、ロックベル家に行くと……死んだ魚のような目をしたエドと、鎧姿のアル。
何を作った! と詰め寄るものの、エドは暗い表情で泣きそうになるし、アルはただひたすら「ごめんなさい」と繰り返すしかなくて。

画像

ちょっと落ち着いた大佐は国家錬金術師になるように勧める。
というか元々リゼンブールに優れた錬金術師がいるって噂を聞いて勧誘に来たんだから、当初の目的通りなんだけど。

画像

でもばっちゃんは反対。
そりゃーねー……。あの出来損ないを埋めてくれたのはばっちゃんだしね。

画像

この時点でもうウィンリィの両親は亡くなっている、と。
これは原作でもそうだったのは覚えてる……んだが……はて、何年前だったかなぁ(^^;

画像


リザ「行くかどうかは……あの子達が自分で決めることよ。……そう、自分で決めること。」

ロイ「強制はしない。ただ私は可能性を提示する」

リザ「進むのか、とどまるのか」

ロイ「絶望のまま一生を終えるか、可能性を求めて軍に頭を垂れるか」

リザ「それを決めるのはあの子達自身」

ロイ「そこに可能性があるならば、元の身体に戻る為に前に進むべきだろう。例えそれが……泥の河だったとしても」

この大佐の言葉が、リオールでの「前に進め」に繋がってるのかなー、とか思った。

画像

軍人だから、とちょっと敬遠していたウィンリィですが、最後は自分から握手を求めてます。
大佐(このときは中佐)とエド・アルの出会いが運命というか、人生の分岐点というか、重要なポイントだったんだと思うんだけど。
で、中尉(このときは少尉)とウィンリィの出会いもそうなんじゃないかと。
だってブック・イン・フィギュアREDのマンガ!
ウィンリィがピアス良いなーと思ったのはこのときで、逆にリザさんが髪伸ばそうかなーと思ったのはこのときだものー。

画像

「焔(ひ)のついた目だ」だったかな、原作だと。

画像

画像

画像

機械鎧(オートメイル)の手術を決意するエド。
手術とリハビリで3年はかかるところを1年でやる、と。
血反吐をはくことになるよ、と言われても決意は変わらず。

そして(多分)1年後。
画像

画像

アルと激しい組み手をやっても全然問題なし。
久しぶりに錬成をやってみるエド。
錬成陣を使わずに錬成。
それを「師匠と同じですごい」とアルははしゃぐんですが……。

エド「アルも……出来るだろ?」
アル「出来ないよ、兄さん」
エド「あれを……見なかったのか」
アル「あれ、って?」
エド「いや、なんでもない」

んー、見てないわけじゃなくて忘れてるだけなんだが。
師匠とエドで「こんなん」とか言ってうにょーっとやってる絵を思い出した。

画像


をを、初スパナ!(違)
ていうかウィンリィはコントロール良いよな。

画像


ウィンリィ「あたし、あんたの身体が元に戻るまでサポートするって決めたんだから!」

画像

はぁ? って顔のエドと、ニヤニヤ顔のアル。
うん、見てる時に私もニヤニヤしてたと思うよ。
青春だねー(にやにや)。


でもってエドの国家錬金術師試験。
大総統も12歳の子供が受検って事で珍しく試験を観覧。
オートメイルのことは「東部の内乱で……」と誤魔化し。
(人体錬成やりましたとは言えない)

エドが大総統を「誰?」とか言って指さしてますが……。
ハガレン世界にテレビはなさそう(ラジオはあるみたいだけど)なので、顔を知らなくても仕方ないのかな。
新聞に写真が載ることはあるかもしれないけど……。
たまたまそのときに見ておくとかしないと無理だろうしなぁ。

大佐も上の席から試験を観覧……じゃなくて試験官なのかしら。
画像

画像

画像

エドは錬成陣なしで槍を錬成、そのまま大総統へ。
しかし目にもとまらぬ早業で(ハットリくんみたい)大総統が切り落としてました。
(残りの試験って何だろうね。やっぱり筆記試験と面接、身体検査かな?)

画像

エドの帰りを待つアルとウィンリィ。

ウィンリィ「ねぇ、アル」
アル「ん? なぁに?」
ウィンリィ「エドが国家錬金術師になったら……この村、出て行っちゃうの?」
アル「……うん」

画像

画像

銀時計と拝命証。

ロイ「これで晴れて君も軍の狗だ」

鋼の錬金術師としてのスタートでした。
ようやくリオールについて、次回はリオールでのお話。

んー、あれだな。
画像をもっと減らさないとダメだなー。
じゃないと2回(か、それ以上)に分けて書くことに。
……ということが分かった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

画材・コミック用品ストア
画材・コミック用品ストア

鋼の錬金術師FA 第2話「はじまりの日」その2 ヘタレの生息日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる